二日酔いにならない方法

最近は缶チューハイでもアルコール度数の高いものが増えています。

最近流行りつつあるストロング系の缶チューハイ飲料などもそうです。

最近では類似品なども増えてきて各種ストロング系の缶チューハイの種類が豊富になり、コンビニやスーパーなどを中心に販売網が増えるていると思います。

私もこのストロング系缶チューハイのファンの一人であり、私が特に愛飲しているのはアルコール度数が5%以上10%近くある缶酎ハイです。

中でも500mlの方が飲みごたえがあり、これ一本で簡単に酔えるので大好きであります。

しかし、一つ難点があって私の体質ではこの一杯を飲むだけで翌日二日酔いを起こすのです。

他にもアルコール度数が高いワインなども飲むのですが、ワインに比べて断然に二日酔いになる確率が高いのがストロング系の缶チューハイの難点であります。

しかしながらストロング系缶酎ハイにひと手間加えるだけで二日酔いにならずに飲めるのでお勧めしたいと思います。

具体的にどういった飲み方をすると良いのでしょうか。

お答えします。

まず500mlの缶チューハイを飲むのであれば同じ容量の500mlのジュースなどを一緒に飲むのです。

500mlの缶チューハイではそれぞれフレーバーがあり、ももやりんご、みかんなどのフレーバーがあります。

りんご系の缶チューハイであればりんごジュースオレンジ系のフレーバーであればオレンジジュースという風に同じフレーバーの500mlのペットボトルジュースを飲んで一緒に飲むと二日酔いになりません。

そしてこれは個人差があるでしょうが、酔いが回らないということはなかったです。

本当は水の方がいいのですが、それではあまりにも口がさっぱりしすぎて、お酒感が弱くなりますしなによりあまり美味しくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です