腸内環境が悪化するとカラダには様々な影響がでます

腸は人間の消化器官の一つです。

腸の役割は食物の消化及び吸収と免疫機能を担うことです。
人間の腸内には数多くの腸内細菌が存在しています。

人体の免疫機能約6割は腸管にあり、腸内細菌の配分が良いほど免疫機能が良く働きます。

腸内には3種類の菌があり、それぞれ善玉菌、悪玉菌、日和見菌と呼ばれています。
腸内環境が整っているときには善玉菌が多い状態になっています。

しかし何らかの要因によって悪玉菌が増えてくると腸内環境が悪化したという状態になります。悪玉菌が増えてしまう原因としては運動不足や不規則な生活習慣、バランスの悪い食生活が挙げられます。

悪玉菌が増殖してくると腸内の免疫機能が低下してしまいます。すると病原菌に対する抵抗力が下がりアレルギー疾患になりやすくなります。

また腸の働きが悪くなると下痢や便秘といった状態になりがちです。

腸が働かないと老廃物を体外に排出出来にくくなり、皮膚から排出しようとします。そしてニキビや肌荒れに繋がっていきます。

悪玉菌が多くなると腸内で腐敗物が増加します

するとおならの臭いの原因となることもあります。

このような腸内環境悪化したまま放置しておくのは良くありません。解決策として、まずは食生活を改善することです。

偏った食事は腸内環境を悪化させますので、食物繊維の多く含んだ食品を摂取するように心がけましょう。

ダイコン、ゴボウ、こんにゃく、わかめ、きのこ等は食物繊維を豊富に含むことで知られています。これらを日々の食事に取り入れていきましょう。

もう一つの解決策としては積極的に運動をすることです。適度な運動は体内の血の巡りを良くして緊張を緩和させます。

すると腸の働きが活性化します。軽いジョギングや筋力トレーニング、スイミングなどが望ましい方法です。

週に2日から3日は1時間程度運動するようにすると良いでしょう。

このように運動と食生活を見直すことで腸内環境を大幅に改善することが可能です。
腸内環境を整えておくと様々な疾病の予防になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です